笑う・話す・動く、誰かと一緒に時を楽しむことで、日常生活がぐっと豊かになります。文字が入ります。 ここに文字が入りますここに文字がはいります。

2014年03月24日 月曜日

ホームパーティー「ほめられ」おもてなしでセンスアップ

ホームパーティー「ほめられ」おもてなしでセンスアップ

 

ホームパーティーでその人のセンスが現れます。

堅苦しくならなくても良いけど、でもセンスがあるねって言われたい。

ホームパーティーの基本と簡単にできるおもてなし術です。

 

 

まずはホームパーティーの企画から

 

主催する人をホストといいます。ホストの都合の良い日程を決め、招待客を決めます。

この時、パーティーをする「理由」が企画(テーマ)なのですが、

テーマがあると招待客の人選やおもてなし料理、雰囲気などが作りやすくなります。

 

テーマはなんでもOK。

アフタヌーンティーを楽しむ会、ワインとチーズの会、などホストが得意なことでパーティーを行うことが、

センスの良いおもてなしをするコツです。

好きな事ならアイディアも出ますね。

 

ゲストの人選は気をつけて。

大事な人を招待し忘れないように、ゲストの繋がりをチェックして漏れが無いようにしましょう。

 

いつものことにちょっとだけプラスするだけ

 

おもてなしをしなくては、と構えてしまうと疲労困憊してしまい、「二度としない」となってしまいます。

ちょっとのアイディアで、キラリとセンスが光るおもてなしができます。

 

 

玄関にアロマキャンドルを

 

玄関を開けた時にふわりとアロマが香ると、非日常的な気分になれます。

アロマキャンドルなら香りも優しく、キャンドルの明かりが優しい空間を演出してくれます。

 

 

お手洗いは念入りに

 

トイレが綺麗な空間であれば、ゲストもうれしくなります。

ピカピカにして、タオル類も新しく肌触りの良い物にしておきましょう。

気になる臭いにはポプリを置いておくと、見た目も可愛くて良いですね。

 

 

紙コップも可愛く演出すればおしゃれな食器に

 

ただの白い紙コップも、マスキングテープや百均で売っているデコレーションシールを貼ったりするだけで、

グッとキュートなコップに。

 

割ったりすることもないですし、お片づけも簡単です。

 

 

メニューやお品書きを一工夫

 

ウェディング用のはがきにお品書き・メニューを印刷すると、高級ホテルのおもてなしのようです。

その他に、絵手紙用の和紙はがきに筆ペンで書くのもオススメです。

厚手の和紙風インクジェット用紙なら、筆文字フォントを使って印刷するだけで、プロの仕上がりです。

がんばらなくても、おもてなしの気持ちがあればアイディアが出てくるもの。

身近なもので演出することで、ゲストとの会話も弾み、楽しい時間を過ごすことが出来ます。

 

香りや食器に一工夫でいつもと違う空間を演出。

でも、ホストの笑顔で「ようこそいらっしゃいませ」の言葉が一番のおもてなしなのですよ。