笑う・話す・動く、誰かと一緒に時を楽しむことで、日常生活がぐっと豊かになります。文字が入ります。 ここに文字が入りますここに文字がはいります。

2014年03月24日 月曜日

これで大丈夫!パーティ飾り付け3か条

これで大丈夫!パーティ飾り付け3か条

 

ホームパーティを開くにあたって、ガーランドやお花紙などを用いた、

手作りグッズで飾り付けをするのは定番になっていますね。

一見簡単に思える飾り付けグッズを、

「私も作ってみようかな」とネットや本を参考にして作り出してみたものの、

どうもうまく作れない……そんな時には、次の3つのポイントを押さえてみましょう。

「どんなパーティでもOK!」と自信を持てる飾り付けが作れるようになりますよ!

 

 

 

<まずはテーマを決めよう!>

 

飾り付けを作る前に、ますはこう考えてみましょう。

「今回のパーティって、何がテーマだったかな?」

ママ友との女子会であれば、「ママ」であることを忘れることがテーマになりそうですよね?

ならば、恋する乙女だった頃を思い出せるように、

ハートの形や柄をテーマにしてみようかな?と考えたり……。

春に新しく配属された同僚を招くパーティであれば、

春のイメージで、ピンクをメインカラーにしてみる……などなど。

まずは「これ!」というテーマを決めて、そのテーマに合った色やモチーフを決めてみること。

それが、飾り付けの作成をスムーズに進めるのには大切ですよ!

 

 

 

<色は「カラフル」ではなく「グラデーション」で勝負!>

 

実際に飾り付けを作る時に意識したいのは、色の「グラデーション」です。

ピンクをテーマカラーにしたならば、

お花紙で花を作るにしても、同じピンク一色では味気なくなってしまします。

淡いピンクから濃いピンクまで、様々なトーンのピンクでお花紙を揃えてみると、

ゴージャスで可愛いらしくなります。

テーブルコーディネートでは、テーブルクロス、ランチョンマット、ナプキンなどを、

同系色のグラデーションによる色使いにしてみるといいですね。

色の自然なグラデーションは、多くの色を用いるよりも、確実にセンスアップさせてくれます。

また、部屋の中に統一感を生み出す効果もありますよ。

 

 

 

<サイズの大小でリズムを付けよう!>

 

ガーランドやお花紙の花などを壁や天井に飾り付ける場合、

同じ大きさのモチーフを並べるだけではNG。

せめて大・中・小と、三つのサイズを用意してみましょう。

それらをランダムに飾ることで、空間にリズムが生まれます。

大きなモチーフの横に小さなモチーフを置いてみると、上級者っぽい飾り付けになりますよ!

大・中・小、それぞれのお花紙をいくつかまとめて花束にして、

部屋じゅうに配置すれば、お花畑のようにもなります。

単調になってしまう飾り付けを避けるには、こういったリズムをつけることが大切なのです。

 

 

パーティの飾り付けは、来てくださる方たちを「いらっしゃい!」と心から歓迎するものですよね。

この3つのポイントを押さえて、

部屋へとやって来たみんなの驚く顔を想像しながら、楽しく作って、飾り付けてみましょう!