2014年03月24日 月曜日

手抜きじゃない 賢い主婦の家事時短術

手抜きじゃない 賢い主婦の家事時短術

 

部屋が綺麗になっててご飯が美味しいのなら、

それは「手抜き」じゃなくて「時短テクニック」。

サクッとスマートに家事をこなして、

空いた時間は家族と一緒に過ごしたり自分のためのリフレッシュに使って、

余裕のある生活を楽しみましょう。

 

 

 

洗濯は夜にする

 

掃除洗濯は午前中にしなくては、と思いこんでいませんか?

洗濯は夜にするほうが効率アップ。

なぜなら、天気に左右されずにその場で干すことも出来て、汚れ落ちも良いのです。

 

夜に洗濯することは、汚れたものをその日のうちの洗うことになります。

雑菌が増えることもないですし、

特に夏のにおいが気になる季節は、すぐに洗うことで雑菌に拠る匂いを防ぐことが出来ます。

 

お風呂の残り湯を使えば、温かいお湯で洗うことで汚れ落ちもアップ。

水道代もかかりません。

除菌タイプの洗剤を使えば、さっぱり清潔に洗いあがります。

 

夜洗濯は、その場に干します。

お風呂の除湿を使えるのならそこに干すことで、

わざわざ外に持って行って干すという動線を減らすことが出来ます。

 

朝になったら、晴れていたらそのまま外に出すだけ。

すでに除湿しているので乾くのも早く、夕方の忙しい時間の前に取り込むことができますね。

 

 

 

アイロンがけは極力しない

 

アイロンを掛けるという行為は、結構手間がかかるものです。

アイロン台を出して、アイロンをあたためて、服を広げて、となかなか大変です。

 

乾かす時の一手間でアイロン掛けの時間を減らすことが出来ます。

 

洗濯の脱水はかけすぎずに、夜に洗濯をして、シワを伸ばしてから干すようにします。

こうすることで、水分の重みでシワを伸ばしながらゆっくりと乾いていくので、

化繊のブラウスやワイシャツならアイロンいらずです。

 

どうしてもシワが残ってしまうアイロンが大変なスカートやブラウスは、

お風呂場に少し置いておくとシワが伸びます。

 

一箇所だけシワを綺麗にしたいときは、霧吹きとドライヤー。

伸ばしたいところにかるく霧吹きをかけてドライヤーで伸ばしながら乾かすと、

綺麗にシワが取れてしまいます。

 

ジャケットや上着の着衣ジワにも効果的です。

 

 

 

掃除道具は手の届く場所に置いておく

 

掃除機や雑巾、モップなど、一箇所にまとめて置いておくと、

掃除が億劫になりためてしまい、結局時間がかかることに。

 

手の届く場所に、軽い掃除道具を小さくおしゃれにまとめておいと置くと、

こまめに短い時間で掃除することが出来ます。

 

クロスやモップなど、置いておいても可愛く家具の一部に見えるものがたくさんあります。

こまめにパパっとする習慣をつけておくと、結果的に時短になりますね。

 

 

 

調理時間を大幅に減らす便利グッズを使う

 

家族が休みの日など、一日中キッチンに居た、なんてことはありませんか?

料理を作ったり洗い物をしたりと、台所ではかなりの時間を消費します。

ここは賢く、時短キッチングッズを使いましょう。

 

電子レンジ調理器や圧力鍋のレシピを覚えると、

手抜きとは思えない料理が驚きの早さで出来上がります。

圧力鍋での煮物は20分で完了ですし、野菜を茹でる時間も電子レンジなら数分で済みます。

 

洗い物は拭いて片付けるのではなく、置きっぱなし・乾かしっぱなしでも可愛いものを。

おしゃれでオブジェのような皿立ては、置いておいても絵になります。

洗い桶は排水キャップがついていれば、そのまま置いておいても大丈夫。

可愛い色やデザインが揃っています。

 

 

 

手抜きと時短はちがうもの。

賢い時短術で家事を効率よく済ませて。

時短術はエコにもつながるので、節約になるかもしれませんね。